「すこやかレスリング教室」開催を終え

父母 慎二

すこやかレスリング教室の模様

今回、熊本で開催しました「すこやかレスリング教室」は、知的障害をもった子どもたちを対象にレスリング教室を展開されておられる、早稲田クラブ「ワクワクレスリング教室」代表の太田拓弥先生から、「是非熊本でダウン症の子ども達を対象に教室を開催してもらえないだろうか」の一言が今回の教室開催のきっかけとなりました。

また、私にダウン症の娘がいるからか、太田先生から教室の色々な話を聞いてるうちに、だんだん興味がわいてきて、これは是非とも私がやらなければといった気持ちにかかれてしまったのです。

最初は、教室を開催するのはいいけれど、本当に子どもたちが来てくれるのだろうか?ダウン症の子どもたちにレスリングが本当に出来るのだろうか?といった気持ちが教室開催当日まであったのは、今だからいえるのですが、私の本音でした。

10月18日(日)さ〜いよいよ「第1回熊本すこやかレスリング教室」のスタートです。

直前まで心配された、11名の参加予定者全員が来てくれました。

最初は、子どもたちも少し緊張したおもむきでしたが、太田先生と指導スタッフ(石田さん、村上さん)の楽しい雰囲気づくりからの導入で、徐々に子どもたちの表情も和らぎ、楽しんでいる様子が感じられるようになりました。

そして教室の後半では、驚くほどに子どもたちの動作がレスリングらしくなってきているのが感じられるようになったのです。感動で〜す。

お父さん、お母さん方たちも感動されたのではないでしょうか?

2時間の教室もあっという間に過ぎ、最後は参加者全員が太田先生と握手をして1回目の「すこやかレスリング教室」が終了しました。

最後に、今回の教室開催にあたり、ご支援を頂きました「日本ダウン症協会 熊本支部」並びに県内のジュニアレスリングクラブの指導者、選手の皆さんに心から感謝を申し上げます。

※参加された会員の方々から、2時間がアッと言う間の楽しい時間でした☆と感想を頂いています。また第2回のレスリング教室に乞うご期待です!!